インスタで話題沸騰!南楊州4大カフェその④9BLOCK

   

9BLOCK内装

ソウルから車で1時間程度の位置にあり芸能人も住んでいる南楊州(ナミャンジュ)エリア!

おしゃれなカフェが多く何度か訪れた事があるので、SNSで話題になっているカフェを勝手にシリーズ化しましたが、今回がとりあえずラストです。

(また素敵なお店があればその都度記事にしようと思います。)

そんなシリーズラストはおそらく現在一番人気のカフェ9BLOCKについてです。

 

常に人で賑わう南楊州で人気№1のカフェ9BLOCK

南楊州の中でも1,2位を争う人気カフェ9BLOCK(ナインブロック)

9BLOCK外観

外国のお屋敷のような外観は遠くからでもすごく目立ちます。

週末に訪れるとお店の前の駐車場は常に満車状態です。

(混雑時には交通整備する方もいるほど)

私が行った日には、カフェの近くで駐車待ちしている車の列もありました。

 

入り口は赤レンガと緑の組み合わせがとっても素敵!

9BLOCK入り口

お店に入る前から細かい所までとってもおしゃれでした。

9BLOCK入り口

こういった些細な所まで凝っているとうれしいですね。

さすがインスタ映えするカフェだけあります!

 

店内はというとグレーで統一してあってところどころお花が飾ってあります。(写真は地下の客席の様子です)

9BLOCK内装

窓は景色がよく見えるように大きめの造りなので、遠くの席からでも緑が目に入ってきます。

地下の席は息苦しく感じてしまうかもしれませんが、これだけ窓の面積が広いので解放感があり落ち着けます。

 

デザートのみならずベーカリーメニューも豊富なカフェでの有意義なコーヒータイム

ナインブロックのメニューも見ていきましょう。

9BLOCKメニュー

アメリカンコーヒー7,000ウォン(アイス7,500ウォン)ハンドドリップ9,000ウォン

こんなに高くてもお店に来る人が多いとは…SNSマーケティング強し!

 

他にもブランチメニューピンス(韓国風かき氷)などもあります。

9BLOCKメニュー

ブランチメニューはコーヒーとセットなので、こちらのほうがお得感があります。

 

そしてカフェで忘れてはいけないのがデザートメニュー(白飛びしてほぼ見えませんが 泣)

9BLOCKデザート

カットケーキやシュークリームがありました。

 

個人的に一番気に入った点は、ベーカリーメニューが豊富な事!

9BLOCKベーカリー

シンプルなパンから調理パン菓子パンまで幅広くあります。

9BLOCKベーカリー

お値段も一つ3,000ウォン前後からあるので、ちょっとおやつが食べたい時にもちょうど良さそうです。

 

コーヒーのお供にぴったりなベーカリーメニュー

カフェ+パンが大好きな私にとって、パンの種類が豊富なカフェはかなりテンションがあがります。

パン屋にカフェスペースがあるお店もモチロン♡

 

この日は友達とパンとデザートを1つずつ選んでシェアすることにしました。

9BLOCKドリンク

写真左から

グレープフルーツエイド8,000ウォンペンオショコラ4,000ウォンバニラシュー6,000ウォンマスカットエイド8,000ウォン

 

9BLOCKドリンク

席がなかなか空かずに長テーブルにいたのですが、思いのほかインスタ映えしそうな席でした(笑)。

※窓際の席は争奪戦がとっても激しいので、狙い目は開店直後です。

 

マスカットをそのまま食べているような食感のフレッシュジュースは美味♪

9BLOCKドリンク

皮ごとジュースにしてあるのでドリンクだけでも満足出来そうです。

 

それでは気になるデザートを見ていきましょう。

まずは友達チョイスのバニラシューから!

9BLOCKシュークリーム

ホワイトチョコがかかったシュークリームです。

9BLOCKシュークリーム

半分にカットするとたっぷりのカスタードクリーム!!

が!この状態で冷蔵ケースに長時間放置されていたせいか、シュークリームのサクサクした食感がなくなっていて残念…。

シュークリームも生クリームが多いのか?日本で食べる一般的なクリームとは少し違い、たくさん食べられないくどさがありました。

正直、韓国コストコの6個入りシュークリームと同じ味でした。

これならソウルにあるビアードパパのシュークリームのほうが遥かに美味しい。

(たいていの事はスルーしますが、あまりにもひどかったので辛口コメントです)

 

続いてはペンオショコラです。

9BLOCKデニッシュ

デニッシュロールにチョコが練りこんであるもの。

気になる中身は…

9BLOCKデニッシュ

ん??

中身が少ないのか焼いて溶けたのかは不明ですが、先ほどのシュークリームのショックが大きすぎてこちらは美味しくいただきました。

他にもシンプルな食パン系やマドレーヌなどの焼き菓子もあったのでそちらも食べてみたいですね。

確かにインスタ用の写真が撮れるかもしれませんが、味が…もう少しついていって欲しいというのが率直な感想です。

ただソウルでは見るのが難しい景色なので、それが南楊州のカフェの魅力かもしれませんね。

※平日週末関係なく、子連れ(赤ちゃん連れ)のママさんが結構目立ったので、静かなカフェに行きたい方はあまりオススメしません。

 

[お店情報]

住所:京畿道 南楊州市 鳥安面 三峰里 200-18

お問い合わせ:031-521-9700

営業時間:10:00 – 22:00

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 -  ソウル近郊のカフェ , , , , , ,